スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
真森ネター。
ピロートーク中、森田さんに「今までにお兄さんからの依頼でえっちな仕事とか頼まれたことないんすか?」とか聞く真山。

で、

「え?馨はそーゆーのは絶対断ってくれるぞ?」
「………」
「…それに俺は真山以外とえっちはしないぞ?」

とか言うと、

「…えっち『は』ってなんすか」
「へ?」
「じゃあお触りならオッケーなんすか!?もう俺の手じゃ満足できなくなったんすか!?」
「え?や、あの、」
「俺以外の奴に『乳首五分お触り一万』とか言われたらオッケーするんですね!?そうなんですね!?」
「や、真山ちが」

とか暴走始める真山に

「つまり動けないように拘束されて、こーゆー風にされるんですよ!?」
「んっ、ゃあぁっ真山あぁ…っ!!」

とかひたすら五分乳首責めされる森田さん。
で、五分で五回イきっぱなしにさせられて。

「…で、こんなにされて一万ならオッケーするんすか」
「…ゃ…だ…」
「でしょう?」
「五万ぐらいくれなきゃ…やだ…」
「…は」
「一分一万計算ぐらいしてくんなきゃやだ…」

とか、つい頭真っ白にされた所為か言っちゃって。

「…、――あ」
「?」
「じゃあさ真山っ。それが嫌なら今度から俺と一分えっちしたら一万払ってくれる?」
「え」
「俺にそんな出稼ぎして欲しくないんなら、払えるよなっ?」
「ゃ、俺の給料じゃ一晩でカラになっちゃ」
「なっ?」(笑顔)

的なオチとか^^
| 木村 知世 | ハチクロ | 00:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - |