スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
一発書き真森短編ネタ
↓真山はちっちゃいおっぱいが好きか、はたまたおっきいおっぱいが好きかについて。
なんか書いてるうちにやたらと脱線したんでちょっと長いです。
えろくはないと思います。



「…なっ、真山っ」

「はい?」

「もしさ、俺が女の子だったとしてさ」

「…え、森田さんがですか?」

「うん」

「………」(複雑そうな顔)

「…なんだよぉ…真山、俺が女装したとき俺に欲情してあんなに可愛いって言いながらあんな行為を強y」

「いや、しましたよ。しましたけども!!////」

「じゃあなんでそんな顔するんだ?」

「…ゃ…なんつーか、その…」

「 ? 」

「…森田さんが女の人だったら、俺と付き合ってるのかなーとか思っちゃいまして…」

「そか?」

「そうですよ。まず女の人が男だらけのこのアパートに越してくる筈がありませんし」

「…そっかなぁ?」

「そうです。だからそうなると俺は貴方とこうして同棲生活を送ることもなくなりますし、学科が違いますから大学で出会う機会もないと思いますし。大体俺、森田さんみたいな人とはこんな風に、アパートが一緒だとかみたいな繋がりがないと絶対話したくありませんもん」

「――なっ…ひ、酷いぞ真山ぁ!?」

「だってこんな変わってる人と関わるとか、俺絶対したくないですしね…
大体俺森田さんと出会ったばっかの頃あんたの事かなり苦手でしたよ?」

「うぅ…酷い…」

「…、…ま、まぁ…こうして一緒に生活するようになったから、今こんな関係になってる訳じゃないですか」

「俺に普通に出会ってたら真山くんは俺のこと好きになってくれないんだな…っ」

「ゃ…すいませんなんか…いや、でも…だって、森田さんの事全く知らなかったらその容姿の気にしなさっぷりとか、森田さんが女の人なら尚更近付かない要因になると思いますよ…?」

「う〜…でも俺、真山のシャツ借りる前から女の子にもててたとか聞いたけど」

「…まぁ、確かに顔はいいですからね……………………………………………………性格を置いとけば」

「だったら女だったとしてももてるんじゃないかぁ?」

「……、…無くはなさそうですね」

「だろぉ?だったら真山昔合コン行きまくってたからそこで俺と会うかも☆」

「あ…それは確かにありそう。んでたぶん俺、そこで関わっちゃったら結局今みたいな関係になりそう」

「だ・ろ?☆」

「………」(頷)

「だとしたら俺と付き合ってるかもしれないだろ?」

「……否定できない…」

「えへへ☆」

「………」

「でさ、本題なんだけど」

「あ、はい」

「俺って、女だったとしたら胸あるかな?」

「いや、あるでしょうよそりゃ。女の人なら」

「や、そうじゃなくて。どのくらいあると思う?」

「あぁ〜…」

「俺普段コスプレで女装するときとかに、どのくらいの大きさにしようかなーって悩むんだよなぁ」

「あ〜…いつもはかなり小さめにしてますよね?」

「うん。だって普段は真山の持ってるAVとか参考にしてるからvV」

「…、……」(疲れきった溜め息)

「えへへ、真山くんったら俺という彼女がいながらまだえっちなDVDとか買ってくるんだもん♪それも全部俺似のおっぱいちっちゃい女の子のやつばっかvV」

「や…だからそれは…っ!!////;」

「わかってる。俺が出稼ぎ行ってる時に使う用だろ?」

「……////;」(頷)

「俺いっつも何週間も空けちゃうからなー。仕方ないよなっ?」

「…だって森田さん、前に誕生日プレゼントとしてコスプレ写真アルバムみたいのくれましたけど、やっぱひとりでするときは声とか音とかそーゆー映像とかが欲しくなるんですよ…」

「う〜…」

「だから俺としてる時の表情とか写真に撮らせてくれるならこーゆーのには走らないんですよ?俺は」

「…だって流石にそれはやなんだもん」

「だから、仕方ないんです」

「むぅ…いいよ別に。どうせ俺を重ねて見てるんだろ?」

「そりゃまぁ当たり前ですよ!!『森田さんとこんなことしたいな〜』とか思いながら見るのに、女優の方が森田さんと容姿が似てなかったら妄想もしにくいですからね」

「…だからたまに真山が隠してるのを参考にコスプレしたりとかしてあげてるじゃん」

「あ、それはもうツボにきまくってます☆」(笑顔)

「えへへ。まぁ、してるとわかるけどなっ。
 …それはいいとして、じゃあさ、俺におっきいおっぱいがついてるとかどう?」

「…うーん…そうですねぇ…」

「俺が女の子の設定で考えてみてよ」

「…うーん…」

「………」

「………」

「………」

「…すいません、想像できません。っつかたぶん大きいと嫌です」

「え、そうなの?」

「…うーん、なんつーか…森田さんは今の、胸がぺったんこで乳首が敏感なイメージが強すぎるんで…女体化したとしても胸がぺったんこか、もしくはかなり小さいイメージしかないんですよね…」

「…そっかぁ」

「はい」

「…じゃあ、敢えて今度女装するとき巨乳にしてみよっかなー」

「えぇー…それはちょっと…」
| 木村 知世 | 短編ネタ | 23:47 | comments(0) | - |
付き合ってない設定。
「な、な、な。真山っ」

「……なんすか?」

「俺とえっちしたくない?」

「………」

「………」

「…、……ぇ」

「なぁっ?」

「な…に、言ってんすか…?大体、あんた男…」

「俺経験済みだから後ろで出来るよ?」

「…いや…な、なんで急にそんな事言い出したんすか…」

「え?う〜ん…そうだなぁ」

「………」

「…じゃあ真山、媚薬って興味ある?」

「…媚薬…?」

「うん。いつもより感じやすくなっちゃう薬」

「…ゃ、興味ないかって言われたらそりゃぁ…ありますけど…」

「あ、ほんとか?じゃあさ、俺が試すの手伝って?」

「……は?森田さんが?」

「うん。治験みたいの任されちゃってさ。俺が飲まなきゃなんないんだけど、えっちしてくれる相手がいないと反応が見れないから」

「…で、俺なんですか?」

「うん。真山ならいーかなーって」

「…なんで俺?」

「え?う〜ん…一番付き合い長いし?一緒に住んでるしさ」

「…はぁ」

「…真山なら一回だけとか、OKしてくれそうだったから」

「………」






…とりあえずなんか書いてみたかったネタ。
モノローグ一切書いてないですがまぁ自己満なんで。
| 木村 知世 | 短編ネタ | 01:13 | comments(0) | - |
お風呂入ってて思った。
…蚊に刺されてひっかきまくったとこにシャワーでお湯かけるとなんかやたら気持ちいい…



「あっ…あぁっ、真山っ…」

「…き、気持ちいいんすか?」

「んんっ、ぁっ、もっとこっち…!!ああぁあっそこおぉ…!!」

「…そんなに気持ちいい?」

「うっ、んんっ、あぁっ、あー…!!」



…という訳で真森で置き換えてみる。
(つまり森田さんは喘いでいる訳ではありません)
| 木村 知世 | 短編ネタ | 19:28 | comments(0) | - |
大伝8巻P234 より
「おいライナ。ヴォイスと仲良くしろ」

「はぁ?おまえ、あっさり買収されてんじゃ……」

「買収などされていない。奴は『またベッドで〜』と言っているではないか。ほら、またいつかのあの時のようにあいつをベッドで可愛がってやれ」

「――えぇ!?なにそれライナ『あの時』って一体」

「ふふ。『あの時』は『あの時』だ。な、ライナ?
 あぁ、それともやはり『あの時』のようにヴォイスに強引に抱かれたいのか?」

「えっ、何?ヴォイライ?ライナやっぱ受けなの?vV」

「……うぅ」

「あぁ…確かにあの時のお前はあんなに強引に抱かれながらもあんなに嬉しそうに涙を流してあんなに奴を求めていたな…」

「――ええぇちょっ、それ、見たかったあぁ!!」

「ふふ。そう言うと思ってここにその時の様子を隠しカメラで録ったテープが…」

「きゃああああああっフェリスさん最っ高!!vV」

「……………あぅぅぅぅ…」
| 木村 知世 | 短編ネタ | 18:02 | comments(0) | - |
リューライ短編ネタ
※大伝7巻P223より

「俺は記憶をいじられてる?」

「真実が見えないようにされてる――って言ったほうがいいかな」

「え…そ、それはどうやって…」

「…知りたい?」

「………」

…頷く。

「じゃあ教えてあげよう。簡単だよ。こうやって…」

と、そう言って頭を掴んでくる父さん。

「え…」

…いや、父さんの指が頭の中へと侵入してきて…

「こんな感じでいじるんだよ」

「ぇ、ちょっ…」

頭の中がいじられていく。

指が頭の中で踊り、巡り、しかしそれに、痛みや不快感は感じない。
むしろひどく、心地良い。

「っ…」

その心地良さに身を任せて、意識を失ってしまいたくなるほどだった。

「ん…ぅ…っ…」

やがてその心地良さは快楽へと変わり…

「ぁ…あぁ…ぁ…!?」

指が動く度に跳ねる身体。

「ゃ…あぁ、もっ、わかっ…!!」

「ん〜?気持ちいいだろここ」

「わかっ…た、から…!!んんっ、んあぁっ…!!」

びくんびくんと身を震わせながら父さんの肩をぎゅっと掴むと楽しそうに微笑され。

「あっ、あぅぅ!!っ、ぃ…あぁ!?あぁっ父さっ…!!」

頭の中を弄られているだけなのに疼く身体は最早支えて貰えないと立てない程で…

「んん!!駄目っ、もういっ…――っああぁあ…っ!!////;」



※本当は小説置き場に置く予定が然程長くならなかったんで短編で。
堕ち伝五巻P81読んでから絶対書きたかったネタ^^
| 木村 知世 | 短編ネタ | 22:57 | comments(0) | - |
棒アイス食べてて思い付いたネタ
web拍手用にしようと思うので下書き段階を載せます。
続きを読む >>
| 木村 知世 | 短編ネタ | 05:33 | comments(0) | - |
正座のしすぎだな。
足がおかしなことになってる。
循環に悪いだろうね一日中椅子に座ってたり正座したりしてたら。



「…ライナ、私の足を揉め」

「――ってはぁ!?なんで俺がんな事」

 ――キュイン!!☆

「私は歩き通しで疲れているのだ。揉め」

「ぅ…は、はい…」

「相変わらずしっかり調教されてますね〜」

「ふふ。だろう?」

「うぅっ…」

「あ、じゃあライナさん。終わったら次は私の足も」

「嫌だ」

「えぇっなんでですかぁ?
 私だってさっきまでトアレさんとずっと会議してて疲れてるんですよ?」

「お前には絶対嫌だ」

「――えっ…ら、ライナさんそれってつまり僕ならやってもいいって事で」

「違うから!!」

「駄目ですよトアレさん。
 師匠にはマッサージしてもらって疲れさせた所を逆に私がマッサージしちゃうんですから。ね、ライナさん?vV」

「………」

「えっ、逆にって一体何を…」

「そんなの決まってるじゃないですか。ライナさんの△△に口で○○○…」

「――えぇっ!?////;
 …ぁ、でもライナさんにやって貰えるなら僕だってお返しにそれくらい…」

「頼むから張り合うなよトアレ…」

「む?お前は私よりトアレの足を揉みたいのか?」

「――違うから!!////;」

「――えぇっやっぱりそうだったんですかライナさん!?
 わ、わかりました!!じゃあ僕も頑張ります!!////」

「だから頑張るなってば…」



…なんか短編が書けた(笑)
トアライ良いなぁ…つか早く買いたいよ大伝…
| 木村 知世 | 短編ネタ | 23:25 | comments(0) | - |
久々にシオライ。
「…え?いや、お前が襲いたいって言うならそれはそれで全然良」

「――良くねぇえええええええええ!?////;」

「あ、そうか。やっぱりお前は襲われちゃう側の方が希望って事で」

「〜〜…、…もうそれでいいよ…好きにしろよ…(泣)」



※ライシオには絶対なりそうもないうちのシオライ(定番すぎるかこの感じは?)
| 木村 知世 | 短編ネタ | 23:54 | comments(0) | - |
真森。
「…ん、森田さん…ここ蚊に刺されてる…」

「――っんぅっ…!!ってそんなとこ刺された覚え無い…っ」

「いや、腫れてますってほんとに。ほらっ…」

「んぁ、ゃ…!!舐めるのも駄目…っ!!////;」

「いつも言ってるのに人前で無防備にシャツのボタン空けまくって知らない奴
 にも素肌見せたりなんかしてるからこーゆー目に会うんですよ…?
 わかったらもう少し自覚してくださいよ、自分の無防備さを…」

「んぁ、ぁ、あぁっ真山ぁ…!!」



※真森蚊に刺されネタ(去年の今日に自分で言ってたネタ)。
たぶん首筋か胸元か脇腹らへんかなぁと。
こーゆーいちゃいちゃした甘々真森ネタ書くの大好き…vV
| 木村 知世 | 短編ネタ | 00:22 | comments(0) | - |
ライナ←シル←エステラネタ。
※とり伝7巻P169より

「…もしかするとそれは、恋!?」

瞬間、エステラがきつい視線でライナを睨んで、

「か、彼は渡さな…」

「そんなメロドラマいらねぇえええええ!!」

と、思わず叫んでしまうライナ。

「なっ、なに勘違いしてんだよお前!!
 シルがそんな俺を好きだなんて事絶対ないだろ」

「…やっぱりそうだったんですね…
 以前からライナさんを見ているとやけに心臓がドキドキしたり顔が赤くなってしまったりして一体自分の身に何が起こっているのかわからなくて凄く心配だったんですが…
 やはり、僕はライナさんのことが…」

「――ってお前もそこで顔赤らめてぶつぶつ呟くな!!」

と、肩を負傷したというのはどうしたのやら
負傷した肩側の腕で身体を支えて
すっと立ち上がると

「すみませんエステラさん。
 ようやく僕、本当の気持ちに気付けました。
 今から僕、ライナさんに告白しようと思います」

「――するな!!
 その前に後ろに本人いるのにそんな事宣言すんな!!////;」

「――えっ…そんなシル殿!!
 わらわよりもあんな情けない寝ぼけ男が良いというのか!?」

「はい。そんなライナさんがいいんです、僕は」

「………」

「…考えてもみてくださいよ。
 あのいつも気だるそうな眠そうな脱力オーラたっぷりの表情…見てるだけで可愛いし癒されるじゃないですか…っ」

「………」

「…いつも僕の前で眠そうに目を擦る仕草でさえ可愛いのに、毎日目の前で無防備に可愛らしい寝顔を見せてくれたり、なんか『俺に触るな』ってオーラ出してるのに実は無防備にも毎日僕を誘うような仕草をしているのに自分で気付けてないとことか可愛いし…
 あぁ、でもきっといきなりキスなんかしたら真っ赤になって恥ずかしがるんだろうなぁライナさん…」

「………」

「…きっと最初は嫌がられてしまうでしょうが、優しいライナさんならきっと毎日枕元で僕の気持ちを伝え続けていればいつかはきっと受け入れてくれる筈です。
 そしてきっと一度気を許してくれれはそのままこんな風に…」



 ――ギシッ…

『……ぁ…』

『…好きです、ライナさん…』

『…っ…シル…俺も…』

『………』

『…俺も、お前の事が…っ』



「なんて展開に…!!」

「いやいやいやないからね絶対無いからねわかってるよねお前ら?ねっ?」

「…シル殿…」

「…エステラさん…」

…と、見つめ合う2人。

「…わかった、シル殿…
 シル殿の気持ち、今のわらわには理解出来ぬかもしれぬが…いつか、きっと…!!」

「はい!!エステラさんにならわかってもらえますよ、きっと!!」

「うむ!!
 わらわもシル殿と一緒に攻め側に回ってこやつの事を意識していればきっと、シル殿の気持ちが理解出来るのじゃな…!!」

「はい!!一緒にライナさんを攻めまくりましょう!!」

「うむ!!」

「…って、ぇ?お前ら…なんか話の展開おかしくなってきてない…?」

「いえライナさん、僕達は今、ライナさんを攻めたいという一心でやっと心が通い合ったんです!!」

「は?」

「わらわでも手に入れることの叶わなかったシル殿の想い、受け取るのじゃ!!」

「…へ…」

…と、身体を押されて後ろのベッドに
仰向けに倒れ込んでしまうライナ。

そこへシルが身体に覆い被さるようにして
ベッドに手をつくと

「ライナさん、僕、ずっと前から貴方の事が好きでした…!!」

「…あ、あの…」

真剣なシルの瞳にどうしたらいいのか
訳がわからなくなってしまって。

「よし!!シル殿、動揺している今のうちにこやつの身体ごと心も体も何もかも奪ってしまえ!!」

「有り難うございますエステラさん!!」

抵抗もしないでぼんやりとシルの瞳に
吸い込まれそうになっている間に
何やら2人して見つめ合って頷くと

「――ってちょっ!!なに服脱がそうとしてんのお前ら!?////;」

「上半身はわらわが担当する!!それで油断した隙に奪うのじゃ、シル殿!!」

なんてライナの素肌を直接撫でてくるエステラ。

「――奪うってちょっ…ってエステラお前なにしてっ…!!ぁっ、ちょ…!!ゃ…!?」




※強制終了(笑)
とり伝からエステラに攻められるライナを書きたくなって書いたもの。
天然全開な2人にライナは簡単に貞操を奪われてしまうのか…?(なんちゃって)
| 木村 知世 | 短編ネタ | 22:15 | comments(0) | - |